2017年1月20日金曜日

韓国の石油の輸入の殆どは日本に頼っている、というデマ

最近、日韓の交流関係で騒がしくなっていますね。
その情報をまとめているサイトでちょくちょく見かけるのが、このたぐいの噂。

韓国の石油の輸入の殆どは日本に頼っているから、日本が取引停止をすれば韓国はすぐに干上がる

そんなこと本当にありえるんでしょうか?
いっぱいググって、これはデマだな、と確信しましたのでまとめておきます。

まず、なぜこんなデマが生まれたかというと、「韓国の輸入軽油の95%ぐらいは、日本からのものである」という事実があるからです。
これを拡大解釈というか、誤解・誤認した人が2chにレスしたのが原因のようです。

そもそも韓国の原油の輸入は、まあ普通に、中東に大きく依存してます。だいたい84%が中東各国(サウジアラビアなど)です。
韓国で使用する軽油は、その原油からの精製物が90%ほどで、残り10%が輸入モノとなります。
その輸入モノのうち、95%が日本のものですよ、というだけの話なんですね。
つまり、韓国の石油事情の一部(つまり軽油だけ)のうちのさらに一部(入手ルートが輸入である部分)にスポットを宛てたら
ほぼ日本依存となりますね、という話なのでした。
仮に日韓断交なんてことになったとしても、韓国が石油関係でいきなり干上がる、ということはありえないようです。
ちなみに、逆に、日本がガソリンを輸入する場合は、ほぼ100%韓国からなのだそうですよ。物理的に近いですしね。


参考ソース

日本エネルギー経済研究所 平成27年度石油産業体制等調査研究
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2016fy/000562.pdf
韓国だけでなく、アジア各国のエネルギー事情が詳しく書いてあります。
しかも経済産業省のサイトにおいてあるのですから、ソース信頼性抜群でしょう。

JPECレポート2015
http://www.pecj.or.jp/japanese/minireport/pdf/H27_2015/2015-020.pdf
韓国の原油輸入の大部分が中東各国であるというわかりやすいデータがあります。

中央日報
http://japanese.joins.com/article/131/196131.html
韓国の軽油市場のうち8%が輸入で、そのうち95%以上が日本というニュースです。

U-1速報
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50383449.html
同じく韓国の輸入軽油の割合のニュースですけど、記事タイトルが「日本企業が韓国の燃料供給を完全に支配してしまった」と
誤解を招きかねない表現になっています。
が、本文をしっかり読めば、輸入軽油での日本依存率は高いけど、韓国軽油全体で見れば15%程度だろう、という内容がわかります。

News U.S.
http://www.news-us.jp/article/379685472.html
「韓国は日本からしか石油買えない」という2chでの話題が出ています。
元の書き込みはオカルト板です。さらにその転載元は「名無しさん@13周年」という名無し名から、ニュース速報プラス板だったのだと推測できますが、
所詮2chの名無しのレスなのですから、具体的なデータソースの提示があったとは思えません。
少なくとも「韓国ウォンは信用がないマイナー通貨だから、中東から相手にされない」というレスは、
上記JPECレポート2015に反するウソだとわかりますね。

オカルト板
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1383272015/504-
オカルト板でのこのスレの趣旨的に、具体的なデータソースがないからこそ、そのスレに書き込まれたと見るべきのような気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿